TV『穴埋めデータSHOW』(2018.03.10)

TV『穴埋めデータSHOW』の番組内のコーナー「なじみあるお茶で何度使い回しても味を感じられるティーバッグは○で○杯いける」を調べるコーナーで、お茶の濃度測定にPAL-Teaが使われました。「緑茶」「烏龍茶」「マテ茶」「紅茶」「そば茶」のなかで、ティーテイスターの検証では「そば茶」が66杯でお湯と判定されてトップでしたが、PAL-Teaで測ってみると濃度は0.02%ありました。そば茶の濃度が0%になるのは75杯目という計測結果にスタジオも驚いていました。ティーバッグは1回で捨てるのはもったいないのかもしれませんね。

テレビ局

読売テレビ

放送日 3月10日(土)13:54-15:30
TOP

雑誌『Beverage Japan №433』(2018. 1. 28)

飲料総合専門誌Beverage Japan №433(2月号)に、インライン屈折計『PRM-2000α』が掲載されました。PRM-2000αは低糖飲料や洗浄液など低濃度の液体を高精度で測定できる製品です。温度対応幅も-30度~165度までと広く、SIP(定置滅菌)、CIP(定置洗浄)も可能な製品です。
>詳細はこちら

出版社

株式会社ビバリッジ・ジャパン社

雑誌名 Beverage Japan
TOP

新聞『Fuji Sankei Business i』(2018. 3. 15)

3月15日付 Fuji Sankei Business iにおいて、非破壊糖度計『PAL光センサー』が紹介されました。「生産者にとって高品質化、ブランド化につなげられる付加価値を提供できる」光センサーについて、今後の展開や販売目標について紹介されています。
>詳細はこちら

フジサンケイビジネスiに光センサーが紹介
新聞名

Fuji Sankei Business i

発行日 3月15日(木)
TOP

TV『なないろ日和』(2018. 3. 12)

TV『なないろ日和』「野菜の栄養 まるごと摂取大作戦」の特集、春キャベツの栄養素が「茹で」と「蒸し」でどちらの方が損なわれているかを比較するコーナーでPAL-1が使われました。「茹でたキャベツ」と「蒸したキャベツ」それぞれ1分後の絞り汁を測定してみると、甘み成分(糖度)が「茹で」5.5%、「蒸し」7.1%と差がでる結果となりました。これは茹でるときに甘み成分が流れ出してしまうためだそうです。蒸しは甘味成分が残るので茹でたときより栄養素が失われないことが分かりました。キャベツの糖度は平均4.5~5.2%ほどですが、春キャベツは水分を多く含むので甘みが強いそうです。この結果を聞くと、春キャベツを食べたくなりますね。

テレビ局

テレビ東京

放送日 3月12日(月)9:28-11:13
TOP

TV『なないろ日和』(2018. 3. 5)

TV『なないろ日和』の「ステーキをおいしく!」の特集で、「いきなりステーキ」のステーキソースの塩分測定にPAL-sioが使われました。塩分濃度は2.88%とかなり低い数値でした。次にPAL-1でソースの濃度を測定すると、こちらは26.1%。ソースは焦がし醤油・ニンニク・ワイン・レモン・マーガリンなどで作られており、みりんや砂糖は使用していないそうです。やみつきかつ飽きない味を目指されており、お肉の味を引き立てるおいしそうなステーキソースでした。

テレビ局

テレビ東京

放送日 3月5日(月)9:28-11:13
TOP

新聞『日刊工業新聞』(2018. 2. 9)

2月9日付日刊工業新聞 「新分野に売って出る」のコーナーでガスボリューム計『CooRe』が紹介されました。アナログ的な手振りの方法に頼ることの多かった炭酸測定の分野において、作業者の労力や時間、そして測定誤差を解放する画期的な製品として紹介されています。
>詳細はこちら

日刊工業新聞に「CooRe」掲載
新聞名

日刊工業新聞

発行日 2月9日(金)
TOP

WEB『デイリーポータルZ』(2018. 2. 5)

WEB『デイリーポータルZ』の特集「戦え!みかん糖度バトラー」で、「糖酸比(糖度÷酸度)」からみかんのおいしさを数値化するという企画でPAL-BX❘ACID1が使われました。八百屋の袋詰めみかんから一つ300円という高級みかんまでを測定し、その中で、高級みかんは、糖酸比32.2と、糖度が高く、酸味が少ないため「ジュースを飲んでいるよう」とコメントされています。

WEBサイト

デイリーポータルZ

記事名 戦え!みかん糖度バトラー
TOP

TV『新・週刊フジテレビ批評』(2018. 2. 3)

TV『新・週刊フジテレビ批評』の「もえみめもNEO」のコーナーで、「品川やきいもテラス」のリポート中、やきいもの糖度を測定するのにPAL-Patissierが使われました。宮崎県の日向密いもを3ヶ月間熟成させた「熟成やきいも」の糖度は45.8度ととても高い糖度で熟成やきいもを食べたリポーターも「べっこうあめ」のようなアメの甘さと驚いていました。やきいもも甘くておいしかったそうです。

テレビ局

フジテレビ

放送日 2月3日(土)5:00-6:00
TOP

TV『マツコの知らない世界』(2018. 1. 25)

TV『マツコの知らない世界』の「マツコの知らないみかんの世界」で日本一甘いと生産農家が自信を持つみかん「越冬紅」の糖度測定にPAL-1が使われました。測定の結果17.3度ととても高い糖度で、マツコさんも甘いと絶賛されていました。
テレビ局

TBSテレビ

放送日 1月23日(火)20:57-22:00
TOP

TV『所さんの目がテン!』(2018. 1. 21)

TV『所さんの目がテン!』で普通の卵と深海に沈めた卵の塩分濃度の比較にPAL-SALTが使われました。黄身は0.1%で同じでしたが、白身は普通の卵が0.2%に対し深海に沈めた卵は0.3%と塩分濃度が高くなっていました。卵の殻の小さな穴を通って海水が少しずつ殻の内側に入り、白身に塩味がほんのり付いたと考えられるそうです。
テレビ局

日本テレビ

放送日 1月21日(日)7:00-7:30
TOP